育毛、発毛、増毛、植毛の違い

育毛、発毛、増毛、植毛の違いについて

細かい内容は違う場合がありますが(学会レベルだと細かい内容の規定があるかも・・・)このサイトでは単語の内容を以下としてお話を進めます。 ご了承ください。

育毛

すでに生えている毛髪を長く太く育てることです。
薄毛の症状でもある細くて弱々しい髪を太くてツヤとコシのある髪に育てるイメージです。

発毛

新しく毛髪を生えさせることです。
髪が無くなってしまった状態から、新しく髪を生えさせますことをいいます。

つまり発毛剤と育毛剤も目的は少うという事です。
発毛剤は、新しい髪の発毛を促進するのが目的です。
育毛剤も発毛の促進は期待できますが目的はあくまで育毛、つまり今ある毛をもっと多くする役目です。
発毛剤は、毛母細胞を刺激し、休止していた毛根からの発毛を促したりします。

増毛

人工的に毛髪が増えたように見せる方法です。 つまり毛は増えたり、生えたりしていません。

自分の髪の毛に人工毛を結びつけたり、髪を植えたシートを頭皮に張り付けるなどして、見た目に髪を増やします。
具体的にはかつらやウィッグも増毛の一種です。
発毛や育毛と違い手軽に出来て、すぐに結果が得られるのが特徴です。

植毛

人工的に毛髪を頭皮に植える方法です。
自分の毛を移植する方法と、人工の毛を植える方法があります。
今は学会の方針もあって人工毛の植毛はおススメされません。
拒絶反応や炎症が起こり、植え付けた毛が定着しない場合がありトラブルになりやすいようです。
自毛の場合は、そのリスクが比較的少ないと言われています。
カツラやウィッグに比べて自然ですし、育毛や発毛のように時間がかかることも無いのが特徴です。
最大のマイナス点はコスト(費用)が高いという点です。

近年では育毛・発毛も増毛も植毛も技術革新が目覚ましく、どの方法も以前とは比べ物にならないほどクオリティが高くなっていますので、自分の方針で納得がいく場合はよい選択となる場合も多いです。

更新日:

Copyright© 北九州AGAスキンクリニックの効果口コミ  , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.