男性型脱毛症 診断ガイドライン

皮膚科学会が発表した男性型脱毛症(AGA)診療ガイドラインは治療の指針として多くの病院で参考にされています。
スタンダード(標準)となっています。

しかも患者さん自身が治療法を選ぶときの参考になります。
学会の基準の評価は一般の方には難しいですが、わけのわからない基準よりも信用できると思います。

「ガイドライン」に制定されている治療方法のなかで一番推奨されているのが、Aランクに分類されている治療方法です。
Aランクとは・・・
「行うよう強く勧められる」もので、まともな病院やクリニックなどでも使用されている診療方法となります。

このAランクの診療方法としては「フィナステリド内服」があります。
「フィナステリド内服」 商品名ではプロペシアが有名です。

「フィナステリド内服」 商品名:プロペシア は薄毛に対する効果や服用した際の副作用などが厳密に研究された判断され、男性の患者に対する推奨度がAランクと判定されています。

また、「ミノキシジル外用」による薄毛治療もガイドラインではAランクです。

Aランクより推奨度が下がるのがBランクです。 「行うよう勧められる」ものです。 Aランクのように強くは勧められていないのですが、一定の信頼度はあります。

このBランクに分類されている診療方法としては「自毛植毛」があり、 自分の毛を使用するため免疫反応の面からも安全性が評価されています。

直接自毛を植えつけるため、薄毛に対する効果も高いものであると認定されているのです。 これらAランクやBランクは効果が高く、安全性も学術的に担保されているので医学的には推奨されています。

更新日:

Copyright© 北九州AGAスキンクリニックの効果口コミ  , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.