男性型脱毛症 診断ガイドライン ランクC・Dの治療法

基準のAやBより低いランクは Bランクより下になるのが、C1です。

★ ランクBの治療は自毛植毛です。 この分野はちょっと今回は省いてご説明します。
自毛植毛はお金がある程度用意できる方の場合はかなり有効で費用対効果がよい方法になります。
芸能人もこっそりしている方法となります。 この技術は特殊なので専門家に相談した方がよいです・・・

さてお話戻ってランクCの治療法です。

「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」ものがここに分類されます。
C1ランクの治療方法に
「サイトプリン・ペンタデカン外用」
「塩化カルプロニウム外用」
「アデノシン外用」などがあります。

C1ランクよりさらにもうl段階下がるのがC2ランクです。「根拠がないので勧められない」もので、治療方法としては「セファランチン外用」などが含まれます。

C2ランクより効果や安全度がさらに低いものは・・・一番下のDランクに分類されているのです。

「行わないよう勧められる」ものとされますが、実際には行うのは選択しない方がよい・・・という治療と言えるでしょう。

このランクに分類されている治療方法としては、「人工毛による植毛」があります。 人口毛はうまくつかない事が多くの実験で証明されているようです。

「フィナステリド内服」は男性に関しては一般的でおススメできるのですが・・・
女性の治療方法としてはこのDランクに属しておりおススメできないという事になります。

ランクがいろいろあると悩んでしまう場合がありますので、単刀直入に書きますと・・・
シャンプー、製薬会社以外の薬に関しては残念ながら、医学的な有効性は証明されていない・・・という事になります。

「でも自分は効果があった」、「知っている人には本当に効果があった」 というような事は確かにあります。 それは現実的にはよくなっているので結構なことではあります。 しかし、薄毛・脱毛に関しては精神的な問題や、季節の問題、そのたストレスが絡む場合は変動が根本的にありえる状況です。 つまり、なにもしなくても改善している可能性がある・・・という事になるのです。

科学的に有効という場合は、条件をそろえて比較しなくてはならない、かなりに人数で同じような結果がでないといけない・・・など条件がかなり厳しいのです。 この条件をクリアしてこそ本当に医学的に有効という事が証明された事になります。

そういう意味では プロペシア ザガーロ ミノキシジル という薬は医学的にきわめて重要な薬という事になります。

更新日:

Copyright© 北九州AGAスキンクリニックの効果口コミ  , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.