AGAの原因となりやすい人

AGAの1番大きな原因は「男性ホルモン」

男性なら誰でも持っている男性ホルモン、少しですが女性にも内在する男性ホルモンがAGAの原因ということだと、世の男性全員がAGAという事になりますが、実際はそうではありません。

wすべての男性ホルモンが悪いわけではなく抜け毛を誘発する作用のある男性ホルモンの影響を受けやすいかどうかでAGAになるか分かれるようです。

AGAの原因は男性ホルモンだと分かっているけど、男性ホルモンが毛母細胞に影響を与える感度が高いのか?という事が重要なので、正しく言うと遺伝要素と男性ホルモンが原因ということになります。

・・・ジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの原因

男性ホルモン「テストステロン」には体毛を濃くしたり男性らしい肉体や精神を形成するのに重要な働きがあります。

頭部に存在する5α(アルファ)リダクターゼという酵素はテストステロンを、より活性が高く強力なジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンにに変化させてしまいます。 このジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に影響を与える直接的な抜け毛を促進する成分と言われています。

体毛が濃いなど男性ホルモンが豊富な人は薄毛になりやすいといったうわさ・都市伝説があります。

これは実際、半分当たりで半分ハズレです。  男性ホルモンが豊富でも体毛が濃くてもフサフサの人もいます。 沢山います。これとは逆に体毛が薄くても薄毛の人だっています。

男性ホルモンの量が原因ではなく、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響を受けやすい体質かどうかで、AGAになりやすい人かどうかが決まります。

・・AGAの原因かもしれない後天的要素

ストレスはAGAに大敵

AGAに限らずストレスが原因の一過性の薄毛なども存在し、髪だけでなく健康面にも悪影響を及ぼすといわれています。

ストレスによって血行が悪くなったり、寝不足になったりすると健康な髪の毛が育ちにくい頭髪環境になり、AGAを促進する可能性は十分に考えられます。 抜け毛に悩んでストレスを抱え、より抜け毛が増加、それによってさらににストレスが溜まってしまう…そういった悪循環が生じないよう気をつけましょう。

生活習慣の乱れ

食生活、睡眠時間といった「生活習慣」もAGAの原因の一つになっている可能性があります。 日本人は睡眠時間が短いので有名ですし、栄養バランスの良いものを食べ適度な運動も行うといった健康的な食生活を送っている人はごくわずかです。 AGAの原因は男性ホルモンによるものだけだと思って油断していると、生活習慣、食生活、ストレスなど直接毛髪に関係なさそうな部分が大きな影響を与えている可能性があるかもしれないので注意が必要です。

AGAになりやすい人はどんな人

AGAの原因は男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」ですが、DHTの影響を受けやすいという体質という遺伝性の要素が大きい薄毛です。 つまり、AGAになりやすい人というのはAGA(男性型脱毛症)の遺伝要素を持っている人と言えます。

自分がAGAの遺伝子を持っているかの検査は病院での検査や自宅での簡易キット検査などで行うことができますが、遺伝体質であっても薄毛にならない人もいたりするので先天的な要因プラス後天的な要素もあるのではないかと言われています。  しかしながらその辺の因果関係はまだはっきり解明さえいれておりません。

AGA遺伝子を持っている可能性がある人は早めの治療が絶対です

薄くなってきた…、抜け毛が増えたきた…、と薄毛に対する悩みを抱き始める人も今でも多くいます。 最初から病院に行こうとは思わないものです。

しかし、その抜け毛の原因がAGA由来のものだった場合、遅かれ早かれ病院で治療を受けなければ、薄毛が進行していくだけです。先に述べたように、

AGAによる薄毛は遺伝要素が原因の薄毛なので、生活習慣や食生活、頭皮環境などを改善しても、徐々に進行してく場合が多いです。  進行のスピードを遅くするなどの改善はできるかもしれませんが、何もしなければ徐々に進行していきます。

現在のところ、AGAによる薄毛は病院で薬を服用する以外に進行を止める手段はありません。  病院でフィナステリドを服用することでAGAによって乱れたヘアサイクルを元に戻す必要があるのです。  ある程度進行してから治療するのと、進行前に治療するのでは、改善の度合いが変わってきます。

毛髪には寿命があるからです。生え変わりの寿命が終わってしまった毛根からはどんなに治療しても毛は生えてきません。そうなったら植毛するか、未来の毛髪再生療法を待つしかありません。

進行前と進行後では、改善するまでにかかる時間も違います。もちろん進行している薄毛の方が時間がかかります。  時間がかかるということはそれだけ治療費もかかるということです。

最近は抜け毛が酷くなってきた予防の段階で、AGA治療薬を服用している人が増えています。  実際AGA専門病院に行けばわかりますが、全然薄くない人がかなり多いことに驚きます。毛根の寿命がたっぷり残っているうちに治療して、毛根の寿命をしっかり延ばすことが一番賢い薄毛治療です。

気になる人は前もってフィナステリド治療だけでも行うようにしましょう。フィナステリドなら病院に通っても5,000~7,000円/月くらいです。あとあともっと高額な治療をしないと改善しないレベルになったらそれこそ大変です。 AGAの可能性がある人は、早めの対応を心がけるようにしてください。

幹細胞・幹細胞成長因子とは

幹細胞とは?

人間には60兆個の細胞があります。 その細胞を生み出す「細胞」の基となる細胞を「幹細胞」といいます。  「幹細胞」は分裂を繰り返し新しい細胞を増やしていきます。 つまり幹細胞を体内に入れることによって、痛んでいる部位に幹細胞が集中し、修復作業を始めるますので、人間の治癒力の源は幹細胞だとも言えます。

最近よく耳にする「幹細胞」には、ES細胞(胚性幹細胞)IPS細胞(人工多能幹細胞)、体性幹細胞等があります。  幹細胞自体には未知なる可能性がかなりあるものなのですが、現在自分の幹細胞を体内に取り入れることは、まだ不可能ですが、幹細胞が排出する幹細胞成長因子は技術的には取り入れる事が可能になりました。
===================

幹細胞成長因子とは?

幹細胞を培養する際に、多くの「幹細胞成長因子」が上澄み液の中に排出されます。
幹細胞自体は医療の現場で、培養上澄み液に含まれる幹細胞成長因子は発毛や美容の治療現場で使用、研究されています。

【KGF/FGF-7】毛母細胞成長因子

髪の毛や皮膚を作るのに必要なケラスチン(毛髪を構成するタ ンパク質)を生成する毛母細胞(ケラチノサイト)の増加を促進させる役目をもっています。 発毛環境を整える因子です。

【HGF】肝細胞増殖因子

毛包・毛髪強化因子の発達をうながします。  休止期の毛包を成長期へと導く効果があると考えられています。

【bFGF】塩基性繊維芽細胞成長因子

血管、皮膚、筋肉などの増殖に影響します。 血管や皮膚を再生したり、強力な新生血管を形成します。頭皮の血流を改善し、毛包を活性化させる作用を持ちます。

【IGF-I】インスリン様成長因子

髪の毛も含めて、体内の破損している細胞再生をサポートして、細胞成長の助けをします。
毛包内の毛母細胞を細胞分裂させることで発毛を促進させます。

【PDGF】血小板由来成長因子

細胞繊維芽細胞の増殖を促し、発毛を促進する成長因子(たんぱく質)となり、毛の成長期を保持する役割があります。

【VEGF】血管内皮細胞因子

「bFGF(塩基性繊維芽細胞成長因子)」と同様、新生血管を形成します。 頭皮の血流促進と毛包ないの栄養補給に関与します。

【TGF-β】トランスフォーミング成長因子

抗炎症作用があると言われています。

【aFGF】線維芽細胞増殖因子

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り創傷の治癒、シワの改善に関与しています。

【EGF】表皮細胞成長因子

お肌の若返り促進、しみ・くすみの改善に関与していると言われています。

==========

幹細胞の発毛・育毛効果

・毛包の成長を活発にするとともに、毛包をの保護
・有効成分の働きを保護し、真皮層まで浸透
・育毛や毛包のDNA 合成の促進
・細胞バランスおよび毛包内部の防御
・健康な頭皮のための構造と機能の提供
・上皮毛包の相互作用および漏斗部の管形成に必要な真皮間葉系の相互作用に必須
・毛周期を正常な状態にうながし(促し)ます。
・毛髪を生物学的に制御し、育毛の促進、毛包および毛髪の増量に働きます。

1ヶ月に1回の治療ですので、大体の方は半年前後で頭皮になんらかの変化を感じ、半年から1年程度で発毛成果を得る事が多いようです。

※治療効果は人により異なります。

男性型脱毛(AGA)専門のクリニックが行っているオリジナル治療とは?

オリジナル内服薬の組成はどんなものでしょうか?

高品質・高濃度
フィナステリド
薄毛の原因を抑制して正常なヘアサイクルに

高品質・高濃度
ミノキシジル
毛母細胞の活性化と頭皮の血流促進

酢酸トコフェロール
抗酸化作用と活性酸素を取り除き頭皮の老化を防止する

ビタミン
アミノ酸の吸収を高める

亜鉛
毛母細胞の再生・増殖を促す

・・・などがあります。

=========

発毛成長因子を補完し、髪の成長シグナルを活性化するためと思います。 発毛成長因子の補完は、有効な薄毛対策として注目を集めているのは事実ですが、残念ながらまだEBM(医学的証拠)は集まっていないようです。

注目されている幹細胞は、確かに可能性がいろいろあります。 AGA幹細胞再生治療は、幹細胞を培養する際に上澄み液に排出されるAGA治療に有効な幹細胞成長因子を利用しています。
この治療も理論的にはとても有望ですが、医学的証拠がまだそろっていません。

==========
~AGA幹細胞再生治療とは?~

人間の細胞を作る幹細胞を培養する時、幹細胞から出てくる「幹細胞成長因子」 を用いた発毛医療となっています。  いろんな治療が研究されていますが、いろいろな理由から一般の方に手が届く金額ではありません。 その点、幹細胞成長因子を用いた治療は、比較的安価で取り入れやすく継続治療が可能となりました。

~オリジナルカクテルの内容とは?~

幹細胞成長因子に更に発毛効果の高い成分を当院独自の調合で散布します。 より効果的に髪を生やしたい、頭皮にボリュームを出したいという方に、幹細胞成長因子以外に、発毛効果が高まるミノキシジル等の発毛、育毛有効成分を独自に調合して施設が多いようです。
幹細胞成長因子だけでも、より十分効果は期待できますが、発毛に有効的な成分をプラスすることでその発毛効果効果が高まったという実験結果が出ています。
ミノキシジルは確かに効果があるのですが、どうしても全身的な多毛症の可能性があり得ます。
その可能性を低くするためにいろいろと個人的な調整が必要なのだと思います。

男性型脱毛症(AGA)の専門用語

●AGAは、

Androgenetic Alopecia(男性型脱毛症)のことです。
主に比較的若い成人の男性に見られる薄毛や抜け毛の症状を意味します。
AGAは日本全国に1000万人はいるといわれています。
AGAの特徴は前頭部や頭頂部の毛が薄くなります。そしてその原因はおもには男性ホルモンなどの影響であると考えられています。 これはほぼ医学的には確定されていますが、それ以外の因子が全くないか? というと今後の研究でかわる可能性はあります。

●AGAは

進行しますので明らかに診断がついた場合は当然早く治療をされた方が良いという事になります。

●AGAは進行性です。

なので、なにもしないで放置していると髪は減り続けることにない、当然徐々に薄くなってしまいます。AGAの進行に大きく関わる「毛母細胞」の活動が極端に弱まると、改善するのにより多くの時間と治療が必要になってしまうので、早めの治療が大切です。

●抜け毛のメカニズム

AGAの主な原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモン物質が増えていると言われています。
DHT(ジヒドロテストステロンとは、男性ホルモンのテストステロンが、皮脂腺より分泌される5α還元酵素という物質によって変化させられた物質のことです。
簡単にいうと、このホルモン用物質が毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容と結合してしまうと発毛が妨げられる・・・というメカニズムになっています。
5α還元酵素の作用をブロックする働きのある「フィナステリド」など、さらに新しい薬「デュタステリド」が医学的には日本で認められている薬となります。
「プロペシア」内服薬 ・・・もともと前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたフィナステリドを主成分とした医薬品です。 男性ホルモンに働きかけて、脱毛を抑制するのがメカニズムです。 一番古くから使用されています。
「ザガーロ」内服薬 ・・・プロペシア同様、男性型脱毛症に効き目がある内服薬です。
ザガーロはAGAの原因Ⅰ型、Ⅱ型の両方にすることによって脱毛を抑制します。
効果的にはプロペシアより効果があります。 効果以外の事も考えて選択する事になります。

HARG療法

再生医療を応用した最先端の毛髪再生治療。成長因子を含む毛髪再生の有効成分を直接頭皮へ注入することで、毛周期が活性化されます。他の手段でうまくいかない人には選択肢となります。

カツラ

メリット

希望のボリュームを出せる。
かぶった瞬間から広範囲の薄毛をカバーできる(即効性がある。)
デメリット

頭部が蒸れて、抜け毛の原因になる。
装着時にピンで留めることで常に自毛に負担がかかる
メンテナンスが大変

自毛植毛

メリット

人工植毛と違いアレルギーが出ない。
髪の毛の定着率が高い
定着後はメンテナンスの必要がない

AGA(男性型脱毛)のことをもっと知りましょう。

人の体毛は約200万本といわれています。
毛髪ちょっと特別で、他の体毛と違って「毛母細胞」のひとつづつに「ループ状毛細血管」がからみ必要な栄養分を吸収して、毛母が細胞分裂を繰り返す事により毛髪が出来ています。
毛髪はづっと伸び続けているのではありません。 毛髪には一定の寿命があります。
つまりある時期(これが個々で違うという事が差になります) になると自然に抜けてしまいます。
そしてまたある期間後に残った毛包からまた新しい毛髪が発生しています。 つまり脱毛と発毛が繰り返されていりわけです。

●髪の毛のヘアサイクルとは?

髪の毛1本1本にはそれぞれ寿命があります。 いろいろな個人差、(性別、動脈硬化の程度、その他いろいろな要因があります。おそらくタバコも関係します) にもよりますが、髪の毛のおおよその寿命は平均で男性で7年くらい、女性では5年くらいといわれています。
つまり毛は伸びては抜け、また伸びては抜けて・・・を繰り返しています。  この流れをヘアサイクルと言います。
毛包は、成長期、退行期、休止期の3つのいずれかの状態にあることになります。  このうち成長期が一番長く通常2~6年間続くと今までの研究でわかっています。
ただAGA(男性型脱毛)の人は成長期が短くなっているようで、髪の毛が十分に成長しきらないうちに毛が脱落してしまうのです。 だからだんだんと毛が薄くなっていくのです。

●髪の役割は何?

人は昔はほとんど裸に近い状態で生活していました。 この当時は体毛がかなりあったようです。  しかし、だんだんと身体にいろなものをまとうようになってから、気候の変かによる暑さや寒さ、さらに身体の外からの危害に対して守る反応をするようになり、次第に全身を覆っていた体毛が必要なくなってしまいました。 その結果体毛は退化したと言われています。  しかし、毛髪は大切な役割を担っていますので今でも残っているのだと思われます。

○重金属などの有害物質を対外に排出する機能

実は体内に取り込まれてしまった有害な物質を自分の体を守るために、髪や体毛・汗を通じて体外に排泄する・・・という重要な機能が毛にはあります。 すると髪の少ない方は当然排泄機能自体の数が少ないというわけになります。
当然その分だけ有害物質を排泄する場所が少なくなりますので、髪が多く髪がある方と比べると有害物質が蓄積していく可能性が若干高くなりえます。 もちろん微量なのですが、微量でも体にとっては極めて大きな作用をする物質もいろりろありますので、注意が必要です。

○身体の栄養状態バロメーターになっています

髪や皮膚・爪などは、基本的には生命に直接関係ない部分になります。
そのような部分に栄養が回ってくるのは身体の中で一番最後です。 よってこの最後に栄養が回ってくる部分(毛、皮膚、爪)などが健康であれば、身体全体の状態が良いということがいえるバロメーターになります。

○心の栄養状態のバロメーター

脱毛の原因の大きな一つは間違いなく「ストレス」です。
私たちストレスは複雑な原因でおこりますので、自分でもよくわかっていない場合もあります。 ストレスが解消されただけで脱毛がへったり育毛効果が得られることがあるのは経験したことがあるかもしれません。

●薄毛の原因

不規則な生活、アンバランスな食生活
体質遺伝
ストレスなどの精神的疲労
体質・症状に適さない誤った手当
病気や薬による副作用
その他

●髪の毛・頭皮の状態が伝える危険信号

髪が細くなり、コシがなくなった
髪の毛が以前より赤っぽくなってきた
頭皮がほてり、にきびや湿疹ができやすい
髪を洗ってもすぐベタついたり、フケがでてかゆい
髪の毛がパサつき、ツヤがなくなった
過度のパーマ、染毛・脱毛などによる頭皮が傷み、抜け毛・薄毛が進行
このような症状が現れてきた方は、専門医への早めのご相談をおススメ致します。