AGAスキンクリニックの口コミ・北九州市を中心に

北九州AGAスキンクリニックの効果口コミ 

AGAの専門用語

幹細胞・幹細胞成長因子とは

更新日:

幹細胞とは?

人間には60兆個の細胞があります。 その細胞を生み出す「細胞」の基となる細胞を「幹細胞」といいます。  「幹細胞」は分裂を繰り返し新しい細胞を増やしていきます。 つまり幹細胞を体内に入れることによって、痛んでいる部位に幹細胞が集中し、修復作業を始めるますので、人間の治癒力の源は幹細胞だとも言えます。

最近よく耳にする「幹細胞」には、ES細胞(胚性幹細胞)IPS細胞(人工多能幹細胞)、体性幹細胞等があります。  幹細胞自体には未知なる可能性がかなりあるものなのですが、現在自分の幹細胞を体内に取り入れることは、まだ不可能ですが、幹細胞が排出する幹細胞成長因子は技術的には取り入れる事が可能になりました。
===================

幹細胞成長因子とは?

幹細胞を培養する際に、多くの「幹細胞成長因子」が上澄み液の中に排出されます。
幹細胞自体は医療の現場で、培養上澄み液に含まれる幹細胞成長因子は発毛や美容の治療現場で使用、研究されています。

【KGF/FGF-7】毛母細胞成長因子

髪の毛や皮膚を作るのに必要なケラスチン(毛髪を構成するタ ンパク質)を生成する毛母細胞(ケラチノサイト)の増加を促進させる役目をもっています。 発毛環境を整える因子です。

【HGF】肝細胞増殖因子

毛包・毛髪強化因子の発達をうながします。  休止期の毛包を成長期へと導く効果があると考えられています。

【bFGF】塩基性繊維芽細胞成長因子

血管、皮膚、筋肉などの増殖に影響します。 血管や皮膚を再生したり、強力な新生血管を形成します。頭皮の血流を改善し、毛包を活性化させる作用を持ちます。

【IGF-I】インスリン様成長因子

髪の毛も含めて、体内の破損している細胞再生をサポートして、細胞成長の助けをします。
毛包内の毛母細胞を細胞分裂させることで発毛を促進させます。

【PDGF】血小板由来成長因子

細胞繊維芽細胞の増殖を促し、発毛を促進する成長因子(たんぱく質)となり、毛の成長期を保持する役割があります。

【VEGF】血管内皮細胞因子

「bFGF(塩基性繊維芽細胞成長因子)」と同様、新生血管を形成します。 頭皮の血流促進と毛包ないの栄養補給に関与します。

【TGF-β】トランスフォーミング成長因子

抗炎症作用があると言われています。

【aFGF】線維芽細胞増殖因子

コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り創傷の治癒、シワの改善に関与しています。

【EGF】表皮細胞成長因子

お肌の若返り促進、しみ・くすみの改善に関与していると言われています。

==========

幹細胞の発毛・育毛効果

・毛包の成長を活発にするとともに、毛包をの保護
・有効成分の働きを保護し、真皮層まで浸透
・育毛や毛包のDNA 合成の促進
・細胞バランスおよび毛包内部の防御
・健康な頭皮のための構造と機能の提供
・上皮毛包の相互作用および漏斗部の管形成に必要な真皮間葉系の相互作用に必須
・毛周期を正常な状態にうながし(促し)ます。
・毛髪を生物学的に制御し、育毛の促進、毛包および毛髪の増量に働きます。

1ヶ月に1回の治療ですので、大体の方は半年前後で頭皮になんらかの変化を感じ、半年から1年程度で発毛成果を得る事が多いようです。

※治療効果は人により異なります。

-AGAの専門用語

Copyright© 北九州AGAスキンクリニックの効果口コミ  , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.